11月30日まで!

AIライティングツール「Rytr」の年間Unlimitedプランが永久30%オフのセール中

クーポンコード「RYTINGBF22」

 

登録者数ゼロでもYouTubeで稼ぐ方法

稼げるネットビジネスとして人気のYouTubeは、収益化のために総再生時間4000時間登録者数1000人以上という条件があります。

この条件は決して簡単なものではなく、YouTubeで稼ごうとする新規参入者の大きなハードルとなっています。

正直この条件てなかなか厳しいですよね。

チャンネル登録者数を獲得するためには、動画の方向性や内容に一貫性が必要になるからです。動画を投稿するだけでは稼げないのが現実です。

 

しかしながら、YouTubeを使ってお金を稼ぐ方法は、これらの条件を満たし収益化することだけではありません。

登録者数がゼロであっても稼ぐ代替方法はあります。

今回は登録者数が1000人以下で収益を得ることができないチャンネルでも稼げる方法を紹介します。

YouTube登録者数ゼロで稼ぐ方法

  • 自分の商品やサービスへ誘導する
  • アフィリエイト

自分の商品やサービスへ誘導する

YouTubeは集客に適したプラットフォームと言えます。

ブログのようにサーバー代やドメイン代などの月額固定費がかからず、無料でインターネット上に動画を蓄積していくことができます。

サーバーは全てYouTubeが負担しているため、無制限に集客動画をアップロードすることができるのです。

そしてこれらの動画で自分の商品やサービスを紹介し、概要欄にそのリンクを掲載するという集客方法です。

自分の商品の例としては、noteや電子書籍などのデジタルコンテンツ、ココナラのようなスキル販売サイト、メルカリのような自分の通販サイトなどがあります。

 

今の時代はプラットフォームが充実しているため、お金をかけずにサービスを提供する方法はたくさんあります。

これらのページへの誘導媒体としてYouTubeを利用し間接的にお金を稼ぎます。

アフィリエイト

YouTubeではGoogleが提供する広告サービスを利用して広告収入を得ることができますが、前述のように登録者数1000人、総再生時間4000時間という大きなハードルがあります。

そのため、これらのハードルを回避する方法としてアフィリエイトがあります。

動画の概要欄にASPで生成したアフィリエイトリンクを貼り付けることで収益化の対象になります。

ただし、ASPと提携した状態でなければ収益は発生しないため注意しましょう。

 

YouTubeと相性が良いASPは

の3つです。

他にもYouTubeと提携可能なASPはたくさんありますが、ASPの中でも案件によってYouTube上での提携可否が割れます。

ASPと提携してみてYouTubeと提携可能な案件がないかを探しましょう。

 

おすすめASP

 

ASPの中にはYouTubeとの提携に対応していないものもありますが、上記3つのASPであればYouTubeにリンクを掲載可能な案件が多いです。

Amazonや楽天市場で販売されている商品を動画で紹介し、概要欄にアフィリエイトリンクを掲載するというのが王道のやり方です。

YouTubeはアルゴリズムにハマれば再生数が爆増する

YouTubeでインプレッションを増やすためには、アルゴリズムに選ばれおすすめ動画として多くのユーザーの関連動画として表示される必要があります。

実際にYouTubeチャンネルの運営を始めてみると分かりますが、動画をアップロードし始めたばかりではほとんど再生されません。

何がきっかけで再生数が伸び始めるのかというと、関連動画として表示されるようになってからです。

何もしていないのに突然再生数が伸び始めるタイミングがありますが、ここまではコツコツと動画投稿を継続しなければなりません。

 

そして動画のタイトルや説明文などもしっかり考え、キーワードなどを意識した文章にしましょう。

YouTubeのアルゴリズムは、動画の内容だけではなく動画に関連するタグや説明文なども関連動画として表示する判断要素のひとつとしているようです。

動画全体の総合力で勝負しましょう。

-YouTube
-,