11月30日まで!

AIライティングツール「Rytr」の年間Unlimitedプランが永久30%オフのセール中

クーポンコード「RYTINGBF22」

 

Google AdsenseにWordPressサイトを追加する手順を解説「WING(AFFINGER5)」の場合

この記事ではWordPressテーマ「WING(AFFINGER5)」でブログを運営している方向けに、Google Adsenseを導入する手順について解説しています。

(すでにGoogle Adsenseのアカウントを持っている方向けです。)

WordPressテーマAFFINGER5は、Googleのサービスと連携するための機能が標準で利用できるようになっているため、難しい知識がなくとも管理画面から簡単に操作できるようになっています。

Adsense収益源を増やしたいという方の参考になれば幸いです。

Google Adsenseにサイトを追加

WordPressブログにGoogle Adsenseを導入し、広告を掲載できるようにするためには、サイトのURLを追加する必要があります。

当然ですが、追加されたURLのサイトはGoogleで審査が行われます。この審査を突破しなければサイトに広告がつくことはありません。

 

✔︎Google Adsenseから「サイト」→「サイトを追加」を選択

✔︎サイトのURLを入力

ここにウェブサイトのトップページのURLを入力します。

入力したら「次へ」へ進みます。

✔︎Adsenseコードを貼り付ける

WebサイトとGoogle Adsenseを紐付けるためのAdsenseコードが表示されます。

赤枠で囲われたAdsenseコードをコピーして、サイトの<head></head>内に貼り付けることでGoogleに審査してもらうことができます。

ここで、WordPressテーマ「WING(AFFINGER5)」をしようしていれば、HTMLについての知識がなくてもWordPressの管理画面から簡単に追加可能です。

✔︎WordPress管理画面からAdsenseコードを追加

WordPressダッシュボードから「AFFINGER5 管理」→「Google・広告/AMP」を選択します。

WordPressの管理画面は、インストールしているプラグインなどにより画面の見た目が異なります。

このエリアに先ほどのAdsenseコードを貼り付けます。

貼り付けた後は保存(save)しましょう。

✔︎Adsenseコードの貼り付けが終わったら、再びGoogle Adsenseに戻り「送信」をクリック

その後サイトの審査が始まります。

審査は数日で完了しますが、長ければ2週間ほどかかることがあります。気長に待ちましょう。

審査に落ちた場合には、審査落ちした理由が大雑把に記載されているため、それを参考にサイトを修正するしかありません。

ほとんどの場合は、

  • 広告掲載不可のコンテンツを扱っている
  • 単純にコンテンツ量が少ない
  • アクセス数が少ない
  • 質が低い

などの理由が多いでしょう。

まずはコンテンツを充実させるところから始めましょう。

-WordPress, ブログ
-, ,