11月30日まで!

AIライティングツール「Rytr」の年間Unlimitedプランが永久30%オフのセール中

クーポンコード「RYTINGBF22」

 

WordPressで「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」を解決した方法

2021年7月8日

WordPressのバージョンを5.3.2から5.7.2へ一気にアップデートした際に困ったことが起きました。

記事を編集する際に、ブロックエディターで執筆した記事内容が表示されず「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません」という内容が表示され、編集エリアが真っ白になってしまいました。

プレビュー画面では記事内容が表示されているのに、編集画面では表示されないという状態です。

さらに困ったことに、WordPressをアップデートした直後にテーマをAFFINGER5からAFFINGER6へ切り替えたのです。

これにより、WordPressのアップデートが原因なのか、テーマの更新が原因なのか分からなくなってしまいました。

調べてみると、WordPressのバージョンを5.5へアップデートしたタイミングで同様のエラーが発生している事例をちらほら見つけました。どうやらWordPressのアップデートが原因のようです。

使用しているテーマによっても解決策が異なるようです。

JavaScript 連結の無効化

今回のエラーを解決するのによく見かけたのが「JavaScript 連結の無効化」という方法です。

参考記事

WordPress.orgサポート

 

使用しているサーバー内にある「wp-config.php」というファイル名を編集することになります。

私の場合はエックスサーバーを使用しているので、エックスサーバー契約管理ページファイル管理サイトのドメイン名public_html の中に「wp-config.php」があります。

このファイルを選択して編集へ進みます。

 

1)「wp-config.php」の「// 編集が必要なのはここまでです!WordPress でブログをお楽しみください。」のすぐ上に

define(‘CONCATENATE_SCRIPTS’, false);

という記述をコピペして保存します。

 

2)その後、ブラウザのキャッシュを削除して再読込をかけます。

 

このステップで解決できることが多いようです。

ですが、私の場合はこれでも解決できませんでした。

 

プラグインの更新

私が解決できたのはこちらの方法です。

「WordPressを更新したのでプラグインも更新した方が良いのでは」と思い、エディターに関係ありそうなプラグインを更新しました。

これによりエラーを解決し、無事に執筆内容が表示されるようになりました。

私の場合は、

  • TinyMCE Advanced
  • Classic Editor

の2つのプラグインを更新した時点でエラーが消えていました。

やはり、古いバージョンのまま使い続けるのは良くありませんね。

定期的な更新を心がけるべきでしょう。

-WordPress
-