11月30日まで!

AIライティングツール「Rytr」の年間Unlimitedプランが永久30%オフのセール中

クーポンコード「RYTINGBF22」

 

WordPressテーマAFFINGER5とセットで使うと便利な無料プラグイン「Advanced Editor Tools」の使い方

WordPressテーマ「WING(AFFINGER5)」を使っている方向けに、セットで使うと便利な無料プラグイン「Advanced Editor Tools」の使い方を紹介します。

AFFINGER5は、デフォルトでも豊富な編集機能が備わっていますが、プラグインと併用することでさらに使いやすくなります。

  • フォントサイズの変更
  • 文字色の変更
  • 表の追加

などの拡張機能を追加することができ、ブロックエディター(Gutenberg)やクラシックエディターがより便利になります。

ブログデザインの選択肢が増えるため、読者にもより見やすいページを作ることができるようになるのでぜひ使ってみてください。

Advanced Editor Tools有効化前

Advanced Editor Tools有効化前

Advanced Editor Tools有効化後

advanced editor tools有効化後

Advanced Editor Toolsを有効化する前と後では、エディター画面の機能がかなり増えています。

慣れるまではどこに何の機能があるのか探すのが大変です。ですが、使用する機能には人それぞれ好みがあるので頻繁に使用するものは限られてくるでしょう。

追加すると便利な機能

  • フォントサイズの変更
  • 文字の強調
  • テーブル(表)
  • 文字色の変更

そもそも便利な機能がすでにAFFINGER5に備わっていますので、追加すべきボタンはわずかです。

Advanced Editor Toolsのインストール

まずは「Advanced Editor Tools」のインストール手順について解説します。

WordPress管理画面 → プラグイン新規追加Advanced Editor Toolsで検索・有効化

Advanced Editor toolsインストール

「使用中のWPバージョンと互換性がありません」と表示されている場合は、インストールする前にWordPressバージョンをアップデートする必要があります。

インストールした後は「有効化」しましょう。

プラグインから設定を選択します。

Advanced editor tools
Advanced Editor tools編集

エディター画面で使用したいボタンをドラッグ&ドロップで追加していきます。

余計なボタンを追加しすぎると記事執筆の際のエディター画面が圧迫されるので、使わないボタンは非表示にしていくと良いでしょう。

ボタンの非表示は「使用していないボタン」エリアにドラッグ&ドロップで可能です。

文字色の変更やフォントサイズの変更は使用頻度が高いかと思いますので、追加しておくことをおすすめします。

-WordPress
-,