11月30日まで!

AIライティングツール「Rytr」の年間Unlimitedプランが永久30%オフのセール中

クーポンコード「RYTINGBF22」

 

【Webサイトで稼ぐ】ブログ投稿1記事だけで稼ぎ続ける方法

2021年8月25日

本記事のより詳しい内容は、電子書籍「ブログ投稿1記事で稼ぎ続ける方法」に収録されています。

Kindle unlimited会員であれば、追加料金なしで読むことができます。

Webサイトがあれば、読者を集めてアドセンス広告からの収益やアフィリエイト報酬を得ることができます。

アドセンスは、広告がクリックされるたびに収益が発生するためマネタイズがしやすいですが、Googleと提携するには審査があり、この審査は年々厳しくなっています

また、1クリックあたり数円のことも多く、大きく稼ぐには大量のアクセスが必要になるため、開設初期のブログではアドセンスで稼ぐのは困難です。

 

一方、アフィリエイトにも広告案件と提携する際に審査が設けられている場合があります。

ASPに登録し、紹介したい商品やサービスがないか探し、提携が承認されればアフィリエイトが始められます。

アドセンスのように、広告がクリックされたら◯円という報酬システムではなく、商品が購入されれば◯円、もしくは購入金額の◯%となることがほとんどです。

どちらにも一長一短あり、ブログ初心者が両者を使いこなすのは難しいものです。

どちらも実践しながら、経験を積みノウハウを身につけていくと良いでしょう。

ブログ投稿1記事だけで稼ぐまでのステップ

1記事だけの投稿で稼ぐためのステップを紹介します。

まだ

ブログを所有していない方向けに、ブログを開設するところから順番にまとめています。

 

  1. ブログを開設
  2. WordPressテーマを入れる
  3. 記事を投稿
  4. 投稿を拡散する

ブログを開設

Webサイトを持っていない場合は、ブログを開設するところから始めましょう。

ブログを使って稼ぐ場合は、WordPress一択になります。

特に今回紹介する方法では、自由に広告が設置できたり、LP構成にできるWordPressの方が相性が良くなります。

 

WordPressでブログを開設するためには、毎月レンタルサーバー代ドメイン代がかかります。

これに関しては説明不要でしょう。どんなWebサイトにも維持コストが必ず発生します。

今では、レンタルサーバー会社でドメイン取得とWordPressの開設が同時にできるようになっており、毎月1000円ほどでWebサイトを所有できます。

10分ほどでWordPressブログを開設できるため、下記記事を参考にしてみてください。エックスサーバーを使ったブログ開設方法を紹介しています。

 

知識ゼロでもできるエックスサーバーでのWordPressサイトの始め方

WordPressテーマを入れる

初めてブログを開設する方向けに、WordPressテーマについても紹介します。

テーマとは、ブログ全体の外観や操作性を左右する重要なものです。

このブログでは、「ACTION(AFFINGER6)」というWordPressテーマを使用しています。

カスタマイズがしやすく、広告を自由に配置することができるため、アフィリエイトサイトに便利なテーマです。

買い切り型となっており、複数のサイトに使い回すことができます。

 

WordPress有料テーマACTION(AFFINGER6)を購入・インストールする手順を解説

記事を投稿

開設したブログに記事を投稿するわけですが、ここで投稿するのはアフィリエイト記事です。アフィリエイト記事でなければ収益が発生しませんからね。

そのため、アフィリエイト案件と提携するためにASPに登録する必要があります。

ASPに登録

アフィリエイトを始めるためには、ASPと提携しなければなりません。

楽天アフィリエイトであれば審査なしでも提携できますが、単価が低いためおすすめできません。

 

高単価案件を扱うASPは、サイト申請の段階で審査が設けられていることがほとんどです。

アフィリエイトで紹介する案件が決まっている場合は、その案件を紹介する記事を書いて審査に出してみると良いでしょう。

審査に通過できなかった場合は、10記事ほど投稿し再申請してみましょう。投稿した記事は後から消すことができます。

必要なのは、収益に繋がるアフィリエイト記事です。

 

初心者から上級者までおすすめできるASP18選

案件を選ぶ

ASPの中から、できるだけ高単価の案件を選びましょう。

高ければ高いほど良いですが、あまりにも知名度の低いサービスは成約されにくいため、ある程度知られた広告案件を選びます。

 

報酬単価は何よりも重要です。

1件の成約につき1万円の報酬が発生する案件と、500円/件の案件では、1万円の案件の方が収益が大きくなるのは言うまでもありません。

少ないアクセスで大きく稼ぐためには、高単価案件を取り扱うしかありません。

 

おすすめなのは、無料登録や無料体験で成果が発生する案件です。

ページに訪れた読者は、費用負担なしでサービスを利用できるため、比較的成約率が高くなります。

成果報酬が高い & 無料で始められる案件を探すと良いでしょう。

渾身の1記事を投稿する

案件が決まったら、あとはそのサービスを紹介する渾身の1記事を投稿します。

今回は1記事のみの投稿を前提としているため、必然的に文字数が多くなるでしょう。

複数のサービスを同じページ内に並べる場合は、文字数が1万文字を超えることもあります

1ページだけで読者の購買意欲を高め、成約につなげなければならないため、難易度はかなり高めです。

そのため、前述の通り無料で利用できるサービスとの相性がよくなります。

 

また、商品を売るためのセールスライティングやコピーライティングを学ぶというのも効果的です。

文章だけで人を動かさなければならないため、文章術を学ぶ必要があります。

投稿を拡散する

投稿したブログ記事は、人の目に触れてもらわなければ収益が発生することはありません。

そのため、多くの人の目に触れるための施策が必要になります。

今回は、ブログ記事を拡散する以下の方法を紹介します。

Googleに広告を出稿する

これが最も収益につなげやすい方法です。

Googleで検索をする人は能動的に行動しているため、購買意欲が高く・少ないアクセスでも成約に結びつけやすくなります。

そのため、Googleの検索エンジン上で読者を呼び込みます。

 

Googleには誰でも広告を出すことができ、集客したいWebサイトに人を集めることが可能になります。

出稿した広告は、検索結果の上位や下の方に表示されるため、ブログ投稿が1記事のみの弱小ブログにもアクセスが集まります。

通常、検索結果の上位に記事を表示させるためには、記事を投稿し続けてドメインパワーを強くし、サイトが評価されなければなりません。

しかしながら、Google広告を利用すれば、サイト運営歴やドメインパワーは関係なしに上位に表示されるようになるのです。

 

Googleに広告を出稿するといっても、毎月数万円〜数十万円の費用は必要ありません。

1日の平均予算を設定できるため、まずは200円/日 程度から始めてみると良いでしょう。

 

検索ボリュームやキーワードに応じた広告の出稿数にもよりますが、1日200円の予算でもうまく設定できれば、1日50アクセス以上を集めることは可能です。

50人のうちの1人でも商品やサービスを成約してくれれば、広告費用は回収でき、黒字化することができます。

1件の成約につき、5000円の報酬が発生する広告案件を紹介していれば、1日の利益は4800円になります。1万円/件の案件であれば9800円の利益です。

広告を出稿する目的は、広告費以上の売上を得ることです。

毎日の広告費用をケチるのではなく、広告料と売上をトータルで考えてみてください。

SNSアカウントで集客

Googleの検索エンジンのみならず、SNSでも集客しましょう。

SNSは無料で利用できるのでやらない理由はありません。

SNSアカウントは、ブログで紹介している案件に近いジャンルに特化させます。

そうすることで、ジャンルに興味のあるユーザーが集まり、フォロワーを増やすことができます。

フォロワーが増えれば一石二鳥ですが、最優先なのはブログに誘導して収益記事に繋げることです。

Twitter

Twitterは拡散されやすいSNSです。幅広い年齢層が利用しているため、ジャンルを問わず運営できます。

Twitterでは、プロフィール欄にURLを載せることができます。

マネタイズポイントとなるブログのURLを載せておきましょう。

また、固定ツイートにもURLを載せておくことで、より気づいてもらいやすくなります。

集客できる入り口は多ければ多いほど効果があります。

定期的な投稿があるとさらに効果的です。全然更新されていないアカウントはフォローするメリットがないので、最低でも3日に1回の更新を意識しましょう。

Instagram

インスタグラムは、集客しやすいSNSですが利用者の年齢層は低めです。

画像を中心とした投稿のみとなっているため、文章のみのコンテンツとは相性があまり良くありません。

ですが、文章をメインとした画像でも集客することはできます。

フォロワーが少ない開設初期のアカウントであれば、ハッシュタグをつけて交流したり、積極的にコンタクトを取りましょう。

投稿数があまりにも多いハッシュタグは、したの方に埋もれてしまうため投稿数の少ないハッシュタグも併用するようにしましょう。

記事をLP構成にする

WordPressでAFFINGER6を利用していれば、WordPressの設定画面から記事をLP構成にすることができます。

この設定により、ブログ投稿のようなデザインではなく、企業のペライチのようなランディングページにすることができます。

1記事しかないサイトであっても違和感のないデザインになるため、LP構成にしておくことをおすすめします。

WordPress管理画面 ▶︎ AFFINGER管理 ▶︎ 全体設定 ▶︎ サイト全体をLP化する ▶︎ 保存

-ブログ
-