11月30日まで!

AIライティングツール「Rytr」の年間Unlimitedプランが永久30%オフのセール中

クーポンコード「RYTINGBF22」

 

ブログネタが思い浮かばないときの解決策とスラスラと記事を執筆する方法

ブログ記事の更新を始めると、記事のネタが思い浮かばないという壁にぶつかることがあります。いくら考えても、記事にできるアイデアが思い浮かばないので、とりあえず既存の記事を適当にリライトしてみたり、ブログのデザインを意味もなく変更したりしてしまいがちです。

このような行動は、初心者ブロガーに特に多いです。記事構成の作り方やブログに必要な記事が分からないので、ネタが尽きてしまったらその時点で記事更新のモチベーションも尽きてしまうのです。

これまで公開してきた記事にもアクセスが集まらなくなるため、最終的にはブログを閉鎖してしまうということになります。

今回の記事では、初心者ブロガーがブログネタに困らない方法やスラスラ記事を執筆する方法について紹介します。

ブログネタが思い浮かばなくなったときの考え方

ブログネタが思い浮かばずに記事更新が止まってしまうと、多くのブロガーが「もう書くネタが無くなった」と思い込んでしまいます。

「何十記事も投稿したし、これで十分でしょ」と満足してしまうか、他のブログと自分のブログを比較してモチベーションを下げてしまいます。

まず前提として意識してほしいのが「ブログネタが尽きた」というのは思い込みです。記事のネタが尽きるということは基本的にはあり得ません。記事にするべきアイデアは無限に存在します。

それでは、記事ネタが思い浮かばなくなった時の解決策について紹介していきます。

最新ニュースから情報を仕入れる

毎日ネット上で大量のニュース記事が公開されます。それらのニュースの中には、あなたのブログで運営しているネタと関連しているニュースが混ざっていることがあります。

トレンド性のある情報を加えて新たな記事を執筆することで、これまでとは接点が無かった読者をブログに呼び込むことができます。

ブログネタが尽きて悩んでいる時には「読者と接点を作るにはどのような記事を書けばよいか」を考えるようにしましょう。

例えばブログ業界は、ジャンルを問わずいろんな属性の人と接点を作ることができます。

ブログ×サラリーマン、ブログ×大学生、ブログ×主婦、ブログ×看護師。

あなたのブログの読者になり得るのはどんな人か。あらゆる可能性を考えれば、アイデアを絞りだすことができるはずです。

また、最新ニュースを読んでいると疑問が思い浮かぶこともあります。たとえば、ある新商品のプレスリリース記事が公開されたら、どこで発売されるのか、いつから発売されるのか、値段はいくらかという疑問が思い浮かぶでしょう。このような5W1Hの基本的な情報は、ニュース記事内でも紹介されていることがほとんどですが、稀に書かれていないこともあります。

あなたが記事を読んで抱いた疑問は、他の誰かも思いついているかもしれません。あなたが知りたいと思った情報をまとめるだけでもニーズのある記事になります。

ブログのアクセスを増やす方法は「読者の検索ニーズを満たす記事を公開する」ことです。これが基本であり王道です。(SEO集客の場合)

キーワード徹底調査

ブログネタが思い浮かばなくなった時は、キーワードを徹底的に調査するというのもひとつの打開策になります。Uber suggestやGoogleキーワードプランナーなどのツールを利用することで、自分一人では思いつかないキーワードを知ることができます。

キーワードを元にブログ記事を執筆する時に大切なことは、需要のあるキーワードは素直に受け入れるということです。あなたの興味のないキーワードだったり、知識をもっていないキーワードだったりすると、その時点で執筆を諦めてしまうこともあるでしょう。

ですが、この段階で諦めていてはブロガーを名乗ることはできません。あなたの仕事はニーズのある情報を読者に提供することです。選り好みしている間にも旬は過ぎてしまいます。

Googleキーワードプランナーで調査
Googleキーワードプランナーでライバルサイトのキーワードを調査する

個人的におすすめするのは、Googleキーワードプランナーを使ってライバルサイトのキーワードを調べることです。

「ウェブサイトから開始」からページのURLを入力するだけで、そのページがどのようなキーワードでアクセスを集めているのかを知ることができます。

この方法であれば、検索ボリュームの小さいキーワードも表示されるようになるため、マニアックでドス黒い人間の欲望を目の当たりにすることができます。結構楽しいです。

検索結果の上位に表示されるような記事であれば、集客キーワードが固まっています。

コンスタントに集客できるのかを知る材料になるでしょう。

記事をスラスラ執筆する方法

記事ネタが決まっていざ執筆を始めようと思っても、なかなか手が進まないことがあります。序文からどのように表現したらよいのか悩み、1記事仕上げるのに何時間もかかってしまうこともあるでしょう。

文章を書くという行為は、自分の知識や考えを言語化するということです。スラスラと言語化できるようになるためには、経験を積まなければなりません。

このようなときに手っ取り早く文章を執筆する方法があります。

それは、AIライティングツールを利用することです。複数のキーワードを入力するだけで、AIが自動的に文章を生成したり、ブログ記事の概要や見出し案を提案してくれます。

AIライティングツールである「Rytr」は、GPT-3という自然言語処理の技術を活用し、ブログ記事からメールの執筆など、個別のケースに最適化した文章を生成します。

言葉が浮かばずに執筆が思うように進まないというブロガーはぜひ活用してみてください。

ただし、あくまでも人間のサポートをするツールです。不自然な文章になったり、事実関係が不明な文章が生成されることもあるため、人間による修正は必須になります。

記事の更新を焦る必要はない

ブログの運営を始めると「記事を更新しなければならない」という焦りが生まれてきます。強制されているわけでもないのに、毎日のように必死に記事を更新する必要はありません。

記事を更新するベストなタイミングは、日常生活で疑問を持ったときです。その疑問を解決する時についでにブログ記事として残しておこう。記事執筆を仕事にでもしていない限り、このようなマインドで十分です。

低クオリティの記事を量産しても、全くアクセスは集まりません。何日もかけて執筆した質の高い記事をたまに更新するほうが結果として持続するブログになるでしょう。

-ブログ
-